社内の人間関係の問題やそれを解決したことを公開するのは、コンテンツです

社内の人間関係が悪いと最悪です

敵は社外にあり!

企業では多くの人たちが働いています。その人たちはまさに世の中の縮図で、いろんな個性がぶつかり合います。なので、対人関係のトラブルが起きるのは当然のことです。しかし、目を覚ましている時間の約半分を過ごす会社のなかの対人関係が悪いとかなりのストレスになりますしとても不幸なことです。本来、敵は社外にあるはずで、戦う相手は社外の同業他社ですが、社内に敵を作って、その敵との攻防に明け暮れていると、会社は内戦状態になり、本来戦わなければいけない敵と戦わずに自ら滅びてしまう可能性さえあります。なので、対人関係の問題を放置しておくことは会社にとって非常に大きなリスクとなります。

実際に対人関係に悩む人は多く、解決策を探している人も多いことと思います。対人関係の問題に会社として直面した時の対処法は様々だと思います。直接本人と話し合うこともあるでしょう。また、社内全体に「お互いに注意しましょう!」と言うようなそれとなく改善を促すような情報を発信する場合もあるでしょう。また、対人関係の問題を上司が実際に見ないと、問題の存在を認めない会社もあります。どんな対応であれ、アクションを起こせば必ず反応があります。アクションを起こしたことで、かえって問題がこじれてしまうこともあります。しかし、アクションを起こしたことでどんな反応があったのかを知らせることは、対人関係で悩んでいる人にとっては大変重要なコンテンツです。

対人関係の問題は非常にデリケートで、当事者の性格によって対処方法が変わって来ることもあります。

対処したことが上手く行く場合もあるでしょう。また、逆にかえって問題が複雑になってしまうこともあるでしょう。しかし、企業は良好な人間関係の上にこそ好業績があるのであって、人間関係が悪い企業が好業績を維持できることは無いと思います。

人間関係

自己承認の度合いが対人関係を決定付ける

自分に対して十分な承認を与えることが出来る人は、他人に対しても存在価値を認め、良好な関係を作って行きます。ところが自己承認が出来ない人は、他人からの承認を求めます。つまり他人の目を気にする行動を取ります。そして、他人から期待したような承認が得られない状態が長く続くと、否定的な承認でも良いから、存在を認めて欲しいと言う無意識の欲求が出てきます。これが対人関係の問題が起きる大きな原因です。小さな成功体験をたくさん積み上げた人は、自己承認できているので、とても穏やかで周囲の人の存在価値を認め、周囲に安心や安定感を与えます。逆に自己承認できていない人は、他人の目を気にして、他人の期待に応えようとして、とても疲れる生活を送っている場合があります。さらに自己承認の度合いが低いと、常に他人を自分より劣る存在とすることで、自分が価値ある人間であるかのように振舞います。この人は他人に対して高圧的な態度で常に偉そうにしていますが、実際にはとても満たされない悲しい人なのです。さらにひどく承認に飢えている状態の人は、自分にも他人にも存在価値を認めることが出来ず、破壊的な行動を取ります。このような対人関係への態度が人間関係の問題を作り出すのです。

感情は自分の中だけにあります

他人からのメッセージは受け手側に決定権があり、実際に起こっている事実と、自分の心の中で起こる感情は全く別物です。怒りや悲しみなどの感情は自分の中で起こっていることで、怒っている事実や悲しんでいる事実はありません。相手が怒っていると感じるのも、「普段より強い口調で話しした」と言う事実を「怒っている」と感じたのは自分自身なのです。つまり、事実を捻じ曲げて勝手な解釈をしているのは自分自身の内面だと言う事です。同じ事実でも他の人だったら全く違う受け止め方をしているかも知れません。このような受け手側である自分自身のクセのようなものを理解することで、同じ事実が起こった時の受け止め方を変えることができるかも知れません。他人の行動を自分の都合の良いように操作することはできません。コミュニケーションの受け手側である自分自身のワンパターンの受け取り方に気付いて、トラブルになるコミュニケーションのパターンを理解して、受け取り方のクセを少し変えてみることが解決の糸口になることもあります。

対人関係への対処がどんな結果になろうと、対人関係に悩んでいる人にとっては、参考になる情報で、ヒントになることもあるので、とても貴重なWEBコンテンツです。また、社員一人ひとりの個性を大切にしながら会社全体の融和を図ろうとする企業の姿勢は、社外から見てもとても共感できる情報になります。

色んな個性に溢れる人たちを一つにまとめ上げて、企業を一点に向かう組織にするのは、それぞれの経営者によっていろんな方法があって、その方法は経営者の数だけあるかも知れません。社員一人一人を大切にしながら、社内で起こる問題を解決する方法は多くの人にとって学びになる貴重なコンテンツです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください