人の役に立ちたいと思う姿勢が良質なWEBコンテンツを生む!

人の役に立ちたいと言う姿勢が無いと、良質なコンテンツは生まれません

企業でも個人でも、コンテンツを発信するには、人の役に立ちたいと思う姿勢が無いと、良質なWEBコンテンツは生まれて来ません。ただ、検索で上位に表示されてアクセスを稼ぎたいと言う動機では、良質なWEBコンテンツは生まれません。検索で上位に表示したいと言うのが目的なのと、情報を公開して閲覧した人の役に立ちたいと言うのが目的なのとでは、ゴールが違うので、当然手段も違います。検索で上位に表示したいとだけ思う人は、検索エンジンを欺くようなブラックハットSEOもするでしょう。このような手段を選ぶ人が、純粋に情報を公開して閲覧者の役に立とうとは思いません。検索エンジンを欺いて運良く上位に表示できても、中身かが無く、良質なWEBコンテンツも無ければ、閲覧者はすぐに離脱してしまいます。また、ブラックハットSEOの不正がGoogleにバレたら手痛いペナルティを受けることになり、取り返しの付かないことになるかも知れません。ですから、良質なWEBコンテンツ無しに上位表示すると、ユーザーはコマーシャルばかりのページに嫌気がさして離脱してしまうので、コンバージョンには繋がらなくなって来ているのです。良質なWEBコンテンツ無しに購買につながるケースは他社に比べて価格が安い時だけです。つまりコンテンツ無しで勝負しようとすると、価格勝負だけになってしまい、多くの中小企業では、その消耗戦を戦い抜くことはできません。

役に立つ

インターネット以前は情報は隠しておくものでした

インターネットが普及する前は情報はできるだけ社内に隠しておくものでした。それは、ユーザーが企業を比較するツールが無かったから、コマーシャルなど企業から一方的に流される情報を信用するしか無かったからです。ところがインターネットで誰でも情報を検索できるようになると、情報を出していない企業は、検索結果にも表示されなくなり、ネット上に存在しないのと同じことになってしまったのです。また、一般のユーザーによるレビューなどもたくさん公開されるようになったので、企業側からの一方的なコマーシャルは信用されなくなって来たのです。

良質なコンテンツを作ることが出来る人は、自分が作ったサイトを閲覧した人が本当に役に立ったと喜んでくれることに生き甲斐を感じるような人でないと無理な事です。良質なコンテンツを公開すると言うことは、個人や企業の持っている全てをさらけ出すようなものなので、企業秘密のようなものまで公開することになるかも知れません。また、コンテンツを公開したからと言ってすぐに売上げ向上には繋がらないので、長期間アクセスが無くても、いつかユーザーに喜んでもらうと言う信念がないと出来ません。ユーザーからの反応が無くても根気良く情報を発信し続けないのです。

中途半端な情報ではコンテンツになりません

そのような情報公開は模倣を生み、企業としての競争優位を脅かすことになるかも知れません。しかし、中途半端な情報公開では、良質なWEBコンテンツとはならず、閲覧者にとって有意義な情報にはならないのです。良質なWEBコンテンツを常に生み出し続けなければ検索エンジンから評価されないし、競争優位も常に生み出し続けないと、厳しい競争に負けてしまいます。情報公開すると、模倣されると心配される方もいるかも知れませんが、もしも、公開したコンテンツが模倣されたとしても、Googleはどちらがオリジナルコンテンツか判断できます。なので、コピーコンテンツを掲載しても、検索上位を狙うことは出来ません。検索エンジン経由でユーザーを獲得したいと思うのなら、企業秘密ギリギリのところまで公開しないといけません。企業秘密ギリギリのところまで公開することで、ユーザーは「こんなに凄いことまで公開してる!」と感動するのです。企業秘密ギリギリのところまで公開するのはとても難しいことですが、インターネットが生活の一部になってしまった今となっては、情報を隠していると、ユーザーはWEBサイトを訪問してくれません。運良く訪問されてもコマーシャルに辟易しているユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。自社の商品を一方的に良いと主張するコマーシャルはもうユーザーに信用されなくなっているのです。このような流れはやむを得ないことで、コンテンツの公開はやらないといけないことです。

個人や企業として知っている情報を公開することによって、少しでも多くの人の役に立ちたい。少しでも多くの人に喜んでもらいたいと言う考えは、企業理念にも結び付くものだと思います。多くの人に役に立ちたいと言う理念が企業の根底に無く、経営者が個人の蓄財だけ考えているようでは、その企業で働く人たちもどんどん離れて行ってしまうでしょう。自分が持っている知識や情報を搾り出して公開することで、喜びや感謝の言葉を受け取れたらどんなに嬉しいだろうと想像できる人じゃないと、良質なWEBコンテンツを生み出すことは難しいでしょう

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください