コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コンテンツがユーザーの判断基準になると、善意で経営している企業が生き残り、悪意の経営は淘汰されます

Googleがコンテンツ重視を表明していることで、SEOの視点からもコンテンツキングなどと言われるようなことが起こって、企業としてもコンテンツの作成が急務となってきています。

コンテンツと言うのは、インターネットが普及する前までは、隠しておくもので、決して公開するものでは無かったのです。それは、公開したとしても一般のユーザーに知らしめる手段が無く、一般のユーザーに伝えるのはマスメディアを利用したコマーシャルしか無かったのです。コマーシャルや広告スペースは時間や文字数に限りがあり、濃厚なコンテンツを伝えるには限界がありました。そして、コンテンツを公開すれば競合他社に盗まれるだけだったので積極的に公開するようなことはありませんでした。今はコンテンツが盗まれても、Googleがどれがオリジナルコンテンツか理解しているので、コピーコンテンツは検索で表示されません。また、コマーシャルしか無かった時代はユーザーも一方的に流されるコマーシャルを信用するしか無かったのです。それがインターネットの普及によって、企業がユーザーに直接伝える手段が出来てきたのですが、これまでの外部リンク重視のSEOでは、上位に表示されたサイトを見ても、どれも同じような情報しか掲載されていないので、どのショップが自分の求めている商品を販売しているのか判断が出来なくなってしまいました。ほとんど同じ情報のサイトが表示されると、ユーザーの判断基準は価格だけになってしまい、企業側は低価格競争に巻き込まれかねない状況になります。購入するサイトを決める判断が価格だけになってしまうことは、情報を出している企業側としても望むところではありませんので、コンテンツによって企業の深い中身を知ってもらうことは、企業としての価値をユーザーに伝えることになり、ユーザーが最も共感できるサイトから商品を購入すれば良いことになります。ユーザーからもコンテンツが重視されるようになれば、価格だけではなく、どの部分がユーザーの不満を解消できるのか、などの商品を開発したり採用したりした背景や、コスト削減のために搾り出すような改善や、品質を向上させるために日々取り組む改善活動などを知った上で、企業に対する共感わ感じて商品を購入することが出来ます。

理想

崇高な理念の企業はコンテンツを公開できますが、自己中心的な企業はコンテンツを公開できません

そこで、Googleがコンテンツ重視を打ち出し、企業側もコンテンツを公開しようとする機運が高まって来ました。コンテンツを公開するようになると、ユーザーにとってより良い商品をお届けしようとする取り組みや、ユーザー目線の商品開発。品質改善や物流、環境への取り組みなど、企業として、真摯に取り組む姿勢をユーザーに公開することが出来れば、ユーザーにとって新しい発見や学び、日々抱えている問題解決にもなり、崇高な理念で商品やユーザーと向き合う姿勢を伝えることが出来ます。対して、自分の企業さえ良ければ良いと言う考えの企業はユーザー目線で商品を販売していないので、コンテンツを公開することが出来ません。自分たちがやっている事を正直に公開すると、ユーザーから批判を受けたり、最悪の場合は炎上することも考えられます。本来企業は商品やサービスを販売して、ユーザーに喜ばれ、企業にも利益が残り、社員にも報酬を支払い、適正に納税することが義務と言っても良いことだと思います。ユーザーに喜んでもらえる商品を販売するために、企業として取り組んでいる日々の活動をコンテンツとして公開することで、ユーザーがその企業のファンになって商品をお買い求めいただけるのです

このように、崇高な理念でユーザーの事を考えて真面目に取り組んでいる企業のホームページが検索で上位に表示され、ユーザーはその企業のコンテンツに共感し、そんな企業の商品をユーザーが買い求め、自己中心的で、コンテンツを公開出来ない企業は検索で下位に沈み、商品が売れない状況に追い込まれれば、自己中心的で悪意に満ちた企業は自然に淘汰されて行くことになるので、コンテンツが重視されない時代には生き残ることが出来た自己中心的で悪意に満ちた企業が存続出来なくなって来るので、真面目に取り組んでいる企業が生き残ることが出来る理想的なECの世界が作り上げられることになります。自分がやっている事は、ユーザーに喜んでもらおうと思ってやっていると強く思える企業は遠慮せすにどんどんWEBコンテンツを公開しましょう。そうすれば、ユーザーのことを考えていない企業とどんどん差が拡がって行きます。ユーザーを騙すようなことをしている企業のWEBサイトは検索結果に表示されないようになるくらい、真面目に取り組んでいる企業が積極的にコンテンツを公開するようになれば、健全な企業間競争が実現し、よりユーザーのためを思う企業が生き残ることは、理想的です。

ただ、コンテンツの制作には時間も労力も必要です。競合他社が先に良質なWEBコンテンツを多く公開して検索上位を獲得して、さらに発信を続けていると、後からコンテンツの公開を始めてもコンテンツの量では追い越すことは出来ません。それでも上回るためには、より質の高いコンテンツを公開するしかありません。先にコンテンツを公開している企業よりもより詳細な情報で、こだわりの強いユーザーの質問にも回答できる内容を公開することです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください