なぜコンテンツが重要なのか

情報が溢れる現在では、一方的に商品を押し付けるコマーシャルを拒否するようになりました

Googleの視点からのコンテンツ

2016年3月にGoogleが「検索ランキングを決める、最も重要な2つの要因として、コンテンツと、サイトについたリンクだ」と発表しました。Googleはこれまで、WEBサイトに張られたリンクを人気投票とみなして評価していました。このアルゴリズムを逆手にとって、IP分散したサイトから大量にリンクを張るブラックハットSEOが一時的に効果を発揮しました。その後パンダアップデートやペンギンアップデートで、低品質なサイトやブラックハットSEOの被リンクにペナルティが課せられブラックハットSEOをしていたWEBサイトは大打撃を受けました。

アップデートによって低品質なサイトは少なくなっているはずですが、実際に検索すると、どれも同じようなページばかりで、一方的に商品の良さを売り込むコマーシャルを掲載しているWEBサイトばかりが表示されて、ユーザーに有益な情報が出てこないと言う問題も起こって来ました。検索してもコマーシャルばかりが出てきて、ユーザーが求めている情報が見つからなければ、次第にユーザーは検索を利用しなくなります。

ユーザーがGoogleを利用しなくなると、Googleを利用したユーザーがAdWords広告をクリックすると言うビジネスモデルが成立しなくなってしまいます。そのような問題に直面しないためにも、Googleはコンテンツ重視を発表したのです。また、Googleは一貫して「ユーザーニーズを満たす検索結果ページを提供する」と言う課題に取り組んで来ています。この考え方からも、コンテンツ重視は当然行き着くことなのです。Googleは今後さらに検索精度の向上を目指して改良を加えて行くと思われますので、コンテンツを適正に評価して検索アルゴリズムに反映されると思います。Googleの検索アルゴリズムの改良が進んでコンテンツの評価を適正にできるようになってからコンテンツの制作を開始しても手遅れになるのです。

Googleがコンテンツ重視を発表したのが、2016年の3月なので、まだコンテンツ制作の必要性を実感していないWEBマスターも多いと思いますが、競合他社が良質なWEBコンテンツの公開を始めて、検索上位に表示されるようになってから、後を追っても質、量共に上回るコンテンツを掲載しないと、順位を逆転できません。コンテンツの制作にはかなりの労力が必要なのです。競合他社がコンテンツの公開を始める前に制作を開始しましょう。

重要

ユーザーの視点からのコンテンツ

インターネットが普及する前までは、情報は企業側から一方的に流されるコマーシャルから得るものでした。そして、情報が少ない時代には、そのコマーシャルを信じるしか方法は無かったのです。それが、インターネットの普及と検索エンジンの進歩によって、情報は自ら検索して探し出すようになったのです。インターネット上に情報が溢れるようになり、必要な情報を自ら探し出すようになると、ただ、商品が良いとだけ訴え続けるコマーシャルは信用されず、ユーザーは拒否するようになって来たのです。

しかし、実際に検索すると、同じようなサイトが表示されて、どこのショップが自分の求めている商品を扱っているのか分からなくなり、結局値段の安いサイトから購入することになっていました。ユーザーが検索窓にした質問に対して明快な回答が検索結果に表示されないと、ユーザーは次第にGoogleを使わなくなります。

ユーザーは検索窓に入力した質問に明快な答えを返してくれるWEBサイトを見つけると、とても嬉しく、そのWEBサイトのファンになります

ユーザーは自分自身を成長させたいとか、自分自身の生活の不便を解消したり豊かにしたいと考えています。そして、その情報は今ではネットから検索して見つけ出すようになって来ました。しかし、まだネット上には十分なコンテンツが無くまだユーザーが望む情報には十分に辿り着けない状態なのです。ネット上には溢れる程の情報があるのに、ユーザーが本当に求める情報に辿り着けないと言うおかしな状況になっています。

ユーザーが求めている質問に確実に答えを出してくれるWEBサイトはユーザーにとってとても貴重で、かけがえのないWEBサイトになるのです。

このようなユーザーの質問に答えるWEBサイトが増えて、質問は検索窓にすれば、回答が得られるようになれば、ユーザーはGoogleをさらに利用するようになるでしょう。

企業は、商品を売りたいと言う一心で、ひたすら商品が良いと言い続けるコマーシャルばかり掲載しています。今まではそれで良かったのですが、ユーザーが商品よりも質問を検索窓に入れるようになると、質問の回答を掲載していないWEBサイトはユーザーが訪問しなくなるのです。ユーザー目線で、ユーザーの質問に回答する情報を掲載することで、ユーザーがそのWEBサイトを信頼し、WEBマスターを専門家として認め、ファンになって商品を購入してくれるのです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください