良質なWEBコンテンツとはユーザーに喜んでもらえる情報です

良質なWEBコンテンツとはユーザーに学びや納得、感動がある情報です

商品の売り込みページはユーザーに喜んでもらえる情報ではありません

良質なWEBコンテンツを別の言葉に置き換えると「ユーザーに喜んでもらえる情報」と言うことができます。ですから、訪問販売の押し売りが代表的ですが、訪問販売の営業マンが家に来るとかなり警戒モードになります。しつこく商品の良さを話し続けられると、次第に断りにくくなってしまったりして、とても困ることがあり、自分自身の大切な時間を浪費させられてとても迷惑でもあります。商品の売り込みはユーザーが喜ぶ情報では無いので、コンテンツとは言えません。商品の売り込みページは企業側の都合の良いことだけしか書かれていないからです。一般的なECサイトはこの売り込みが詰まっているので、そこに書かれている情報はユーザーにとって有益では無く、決して喜んでもらえる情報では無いのですECサイトは押し売りではないので、買いたく無ければページから離脱すれば良いだけなので、押し売りのような負担は感じませんが、ホームページに書かれている情報は押し売りと同じです。商品の売り込みには、ユーザーの課題や問題を解決するような情報は書かれていません。この売り込みばかりがGoogleの検索結果に表示されれば、ユーザーは次第に検索しなくなるでしょう。このようなことになるのを避けるためにGoogleはコンテンツを重視するようになったのです。

ユーザーに喜んでもらえる情報とは、読んで楽しい情報、ためになる情報、問題や不満を解決出来る情報、生活や人生を豊かにする情報、新しい発見がある情報、健康に役立つ情報などです。ユーザーにとっては喉につかえた骨が抜けるような嬉しさがある情報です。

ユーザーが問題や課題に感じたことを検索窓に質問し、解決方法を探します。長い間疑問に感じていたけれど、解決策が見つからなかった問題を、検索した結果、解決策が詳しく掲載されているWEBサイトを発見すると、ユーザーにとってはとても嬉しい情報です。

ユーザーに喜んでもらえるWEBコンテンツを探すことは楽しいことです

ユーザーに喜んでもらえる情報が社内に無いかと考えたり、探したりするのは楽しいことです。そのコンテンツを読んだ時のユーザーの喜びや笑顔を想像すれば、決して苦痛にはならないはずです。会社の中には、ユーザーに喜んでもらえる情報はたくさんあります。しかし、それは普段仕事をしている人にとっては、毎日繰り返していることなので、あまりにも当たり前で、気が付かないことも多いのです。

嬉しい

普段会社の中でやっている一つ一つの作業や、管理している基準などを、「これは一般の人にとっては普通のことか?誰でも知っていることか?」と自問自答してみて下さい。そうすれば、普通で無いことや、一般には知られていないことが意外と多いことに気づくでしょう。このような一般には知られていないことの中に、ユーザーに喜んでもらえる情報があります。プロがやっている仕事は普通では無いことがほとんどです。プロフェッショナルな仕事であればあるほど、ユーザーにとっては予想外な情報を持っているものです。プロフェッショナルな仕事をしていれば、当然ユーザー目線で、ユーザーに喜んでもらえる商品を販売しようと思っているはずです。そのような視点で販売している商品の背景には必ずコンテンツがあるのです。ユーザーに喜んでもらえる商品を提供するためにこだわっていることは、ユーザーの商品に対する不満や問題を解決する情報かも知れません。また、品質管理で日々取り組んでいることは、ユーザーにとって新しい発見がある情報かも知れません。経営理念が生み出された背景には、人生を豊かにする情報があるかも知れません。

会社のなかでは、当たり前と思っていることや、当たり前にやっている行動の深い意味などを公開して、ユーザーに喜んでもらえる良質なWEBコンテンツになれば、双方にとって有益なことです。企業で働いている人たちにとっても新たな発見があるかも知れません。新たな発見によって会社に対する忠誠心が増すかも知れません。また、コンテンツを読んだユーザーから反応があれば、サイト運営に携わる人のモチベーションアップにも繋がります。日々行っている仕事をしっかりと一つ一つ見てみましょう。

企業の中にはコンテンツが溢れています。オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックなど数々の不況を乗り越えてきた企業には必ずファンがいます。ファンがいなければとっくにその企業は市場から退場しているはずです。ここまで生き残っててきた企業のファンたちは、その企業の物語や商品に対する強いこだわりや信念を知っています。そのファンになってくれているユーザーが知っていることがコンテンツです。日々、企業で働いている人には分からないかも知れませんが、ファンなっている人たちは十分に理解しているはずです。

自社の固定客になってくれているユーザーになぜこのお店を利用してくれるのかを聞いてみるのも良いかも知れません。自分たちが気付いていないコンテンツを理解させてくれるかも知れません。

企業のファンになってくれているお得意様は、企業のどんなことに魅力を感じたり共感したりしているのか、調べて見るのも良いかも知れません。また、ファンになってくれているユーザーのライフスタイルを知ることで、発信するコンテンツのターゲットが分かってくるかも知れません。ファンなった人たちがどんなことで喜んでいただけたのか、喜んでいただけている本質が分かればコンテンツの発信は確実にファンを増やすことに繋がります。ユーザーに喜んでいただける情報をどんどん発信しましょう。

ユーザーにとって嬉しい情報を掲載する時に、とても簡潔な文章を公開してしまう場合がありますが、ユーザーが質問していることは、単に答えだけを求めているのではなく、その答えが導き出される背景まで公開して、ユーザーが他の人に説明できるくらい詳しい情報を公開しましょう。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください