企業にとってネガティブな情報もコンテンツです

ネガティブな情報は企業を大きく成長させるチャンスです

企業にとって、社外に公表したくないようなネガティブな情報も、発信の仕方によっては良質なWEBコンテンツになります。例えば、社員が会社のお金を横領したとか、社員が労働基準監督署に申告したことで、是正勧告を受けたとかです。

不正を防げなかった要因と再発防止策はコンテンツです

このような情報は企業としては、積極的に発信したいとは思わない情報ですが、見方を変えると企業としては大きな成長のチャンスでもあります。企業側からすれば、不正をした社員が悪いとか、監督署に申告した社員が悪いと言いたくなるのですが、信頼して雇用していた社員が裏切るようなことをしてしまった背景は何なのか。誰もが新人として入社してくる時は、「この会社で役に立つ人になろう!」と思って入って来ます。最初から「不正をしてやろう」と思って入社してくる人はいないのです。その人がなぜ不正をしてしまうようなことになったのか。それは個人的な何か事情があったのか、それとも会社に対する不満が蓄積したものなのか。社内の人間関係が悪いとか、上司との関係が悪いとか、経営者の人間性に信頼が持てないなどが要因になることもあります。社内の人間関係や経営者としての資質に対して不満があって、不正を行ったのであれば、再発を防ぐための社内の対策はかなり長期間を要するものになります。しかし、元々「この会社で役に立つ人になろう!」と思って入社してきた人が、不正をするような心理状態に変わってしまった社内の風土は再発を防ぐためにも改めないといけません。また、不正を防げないような仕組みの問題は何だったのか、主観的で感情的な見方ではなく、客観的に捉えることで、多くの人の学びになります。不不正が起こる原因には、社内の人間関係などの心理的要因と不正をチェック出来ない機能的要因があります。この二つの要因について、深い掘り下げと対策が必要です。よく、ニュースなどでも会社のお金を横領したと言う話題は出ますが、その背景や仕組みの問題まで掘り下げた報道はありません。どこの企業でも同じようなことが起きる可能性はあります。そのような問題を未然に防ぐためにも、また、起きてしまった企業にとっても再発防止策などの参考になる情報は貴重なコンテンツです。

聞く耳を持たない経営者

また、社員が労働基準監督署に申告して、是正勧告を受けてしまったというようなことは、どこの企業でも、労働基準法を完璧に守っている企業はほぼ無いと思いますので、どこでも起きうる問題です。しかし、本来であれば、、社員と経営者の話し合いで解決できたはずの問題が、労働基準監督署まで行ってしまったと言う事は、企業としては重く受け止めないといけない問題です。例えば企業側が社員に過重労働をさせていて、その上残業代が不払いで、社員から、改善要求があったにもかかわらず、経営者が全く聞く耳を持たなかったのが大きな要因かも知れません。

一方で、経営者が社員の話しを親身になって聞き、その結果として、会社の実情も話し、すぐには改善できないけれど、どれだけかの猶予をもらって改善に取り組むので少し待って欲しいなどの回答をしていれば、社員と経営者の信頼関係さえあれば、労働基準監督署への申告とまでは至らないのではないかと思います。社員は不払いの残業手当を払ってもらった結果勤務する企業が倒産してしまうようなことは望んでいません。会社の実情と、猶予をもらって必ず改善することが社員に伝われば納得してもらえると思います。それが出来なかったのは何故なのか、もしかしたら、社員から改善の要請も無く、いきなり労働基準監督署へ申告されたかも知れません。話し合いの場さえも設けられなかったのは、経営者に話しをしても話し合いにならないと社員が思っているのかも知れません。信頼関係が根本的に欠如しているから起こった問題であれば、社員と経営者の溝を埋めるために、経営者はこれまでとは違った気持ちと態度で臨まないといけません。そのように社員に思われるようになった経営者としての態度や行動はどんなことだったのか、自分自身の行動や態度を深く見つめ直し、社員と話し合いが必要ならば、話し合いの場を設けて、自分自身の反省も伝えるべきです。

社員と経営者の良好なコミュニケーションと信頼関係があれば防げる問題が防げなかったのは、何故なのか、経営者としても大いに反省しないといけない問題が隠れていると思います。このような経営者自身の反省はなかなか出したくない情報でしょう。経営者としてはとても恥ずかしい情報かも知れません。でも、あえてその情報を出せる経営者は素晴らしいと思います。この情報を公開することは、社員とも閲覧するユーザーとも約束するようなものです。起こった問題に真摯に対応して、反省すべき点を具体的に挙げて、今後に取り組む姿勢は多くのユーザーの共感を得ることが出来る良質なWEBコンテンツになると思います

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください