生産性の向上やコストの削減もコンテンツです

生産性を向上させる緻密な管理の情報はコンテンツです

製造現場で行われる生産性の向上やコスト削減の取り組みは、も良質なWEBコンテンツです

製造現場の緻密な管理はコンテンツです

工場の生産ラインでは、ストップウォッチを使って作業時間を測定し、作業スピードを観測して、動作が速い場合は遅く、遅い場合は速く、測定した時間を標準スピードで作業をした時間に置き換えて標準時間を決めます。標準スピードは作業レートと言われ、レート100が標準です。レート100は8時間無理無く作業が続けられるスピードでホーソン実験から生み出された世界標準の作業スピードです。ストップウォッチを使わない場合はMTM法やWF法などで動作を要素動作に分解して、それぞれの動作について設定されている時間を割り当てて標準時間を計算する方法もあります。さらに個々の動作の分析を行って、右手の動きと左手の動きを書き出して、どちらかの手が何もしていない時間が無いかや、ビデオに撮影して分析したりして無駄を極力無くすようにします。分析は動作経済の原則に従ってムダな動作を排除して、作業時間を短縮します。移動は生産では無いので、移動距離を極力短くするようにレイアウトの改善をします。移動や運搬を最短にして、稼動を増やすようにします。どうしても運搬が発生する場合でも、運搬した物を床から持ち上げるような動作は時間もかかる上に体力の消耗も大きいので、取りやすい高さになるようにして生産性を高め疲労を低減するようにします。機械が自動で加工している時間があれば、ただ、加工を眺めている時間が無駄になりますので、一方の機械が加工している時間に別の機械に加工する部品をセットするようにして、稼動時間を最大化するようにします。さらに生産ラインでは、流れ作業の個々の持ち時間が同一にならないと、ボトルネックが出来てしまい、そこから商品の流れが悪くなって、生産性が落ちます。このボトルネックを解消するためにラインバランスを調整して、生産ラインの個々の作業時間がほぼ同一になるように調整しています。さらにワークサンプリング法(一定の時間内において、あらかじめランダム(無作為)に選んだ時刻に作業者や機械の動きを瞬間的に観測して記録、集計し、このデータに基づいて作業状態の発生の割合を「統計的手法」を用いて推定する方法です)などで稼動分析を行い主作業(実際の加工時間)、付随作業(加工するためにセットしたり、加工が終わったものを取り出すなどの動作)、余裕(作業ではないもの)に分類して、現場全体の作業以外の時間を余裕率として求めます。この余裕の中で減らせるものがあったら、改善を行います。このような改善活動は日々行われていることで、製造現場では当たり前のことですが、製造現場を経験したことの無い人にとっては、信じられないような精緻な取り組みです。製造現場では、一日一日が改善の連続で、改善が止まってしまうと、競合他社に負けてしまうので、絶対に止めることはできません。

コスト

さらに部品などの調達についても、基準を満たす品質であれば、出来るだけコストが安い企業から調達しています。企業同士の長年の付き合いなどもありますが、品質やコストの面で、不利な企業とは取引しません。部品調達でも妥協すると、競合他社と品質や価格で負けてしまうので、かなり厳しく選別されます。

また、農産物でも収量を上げるための取り組みは農業試験場などで日々行われているでしょう。私は、農産物の生産性の向上については詳しく知りませんが、詳しい情報が分かれは是非知りたいと思います。魚の養殖などても同じように出荷量を増やすための努力が日々行われていると思います。自然と向き合う、農業や漁業には独特の大変さがあると思います。その苦労や改善の取り組みもコンテンツです。

このような生産性の向上やコスト削減の取り組みは、製造現場では当たり前のことなのですが、製造現場にたずさわることの無い人にとっては、全く知らない事なので、実際の取り組みを知るとかなりの衝撃になる情報です。これまで知らなかった世の中の事を学べる貴重なコンテンツになります。この生産性向上やコスト削減の取り組みをそれぞれの企業の実際の情報を公開してユーザーに知識を深めてもらうことが出来ます。全く知らない世界を学べる情報は人生を豊かにするものです。生産性やコストの削減に取り組む情報は、一般の人にとっては大きな衝撃と感動を与える情報で、真摯に取り組む姿勢を伝えることが出来れば、ユーザーはファンになってくれると思います

生産性の向上やコストの削減は企業として適正な利潤を確保しようとすることと、ユーザーに少しでも安価に商品を提供しようとする行為ですが競合他社も同様の取り組みをしているので、目に見えない熾烈な競争をしています。この戦いに負けてしまえば、市場から退場を余儀なくされるとても厳しい戦いなのです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください