品質管理にかかわる情報もコンテンツです

徹底した品質管理は大きな学びになるコンテンツです

製造現場であれば必ず品質基準があります。良品と不良品を判断する基準です。さらに基準値からプラスマスナスの管理範囲(許容範囲)があり、管理値外となった物が不良品となります。

不良率の上昇は製品のバラツキが大きく、コストが上昇することにつながります

製造現場では、この不良率を限りなくゼロに近づけようと日々努力しています。不良率が上昇すると言うことは、製造物にバラツキがあり、バラツキが大きいと言うことは、商品が安定していないと言う事です。商品が安定していないと言う事は、作業や原材料が安定していないと言う事です。作業が安定しないと言う事は、生産性も悪いと言う事です。不良品は修理が可能な場合は修理します。再利用できるものは再利用します。不良品を引き取って別の商品に加工する業者がある場合は、その業者に販売します。修理できない物は廃棄されることもあります。そうなると製造コストも上昇し、生産効率も落ちるので、企業の利益が減るか、販売価格が上昇するかです。同質の商品の販売価格が上昇すれば、その商品は売れなくなり、企業の存続を左右する問題になってしまいます。

ユーザーが買い求める商品によってバラツキが大きく、品質が違うと商品の評価も分かれてしまいます。このような不良の発生を抑えるために、製造現場で日々行われている改善活動が実際にどんなことをしているのか、品質を安定させるために現場で真剣に取り組んでいる内容をユーザーに伝えることは、商品に対する真摯な態度をユーザーに伝えることが出来ます。製造現場で行われている改善活動は、徹底的に原因を解析して、対策を立てます。社内で発生している不良を件数の多い順に並べて表示するパレート図にまとめます。パレートの法則では、上位20%の不良項目で、不良全体の80%を占めると言うもので、製造現場では、その上位20%の不良項目に対して、徹底的な改善策を考えます。改善策を検討するには、原因を追求しますが、その解析は徹底的にデータに基づいて解析されます。データで解析できない部分はブレーンストーミングを行い特性要因図にまとめます。そこから出てくる重要な要因から対策を実施します。実施した対策の効果を確認して、効果があれば、元に戻らないように歯止めを行います。対策の効果が無ければ、さらに別の対策を実施して効果を確認すると言うサイクルを続けて行きます。このような管理サイクルを回し続けているのが製造現場です。製造現場を知らない人には驚くような徹底ぶりのはずです。このような徹底した管理は閲覧者にとって、学びとなる情報ですし、商品に対する評価を変える程の情報だと思います。この徹底した管理を知ったユーザーはきっと、その会社のファンになることでしょう。

品質管理

QCサークル発表会の情報は最適!

ユーザーに伝える内容は、具体的な改善事例が良いと思います。例えばQCサークル発表会で発表した内容をWEB上で公開すれば、一般の人にも分かりやすく書かれているので、伝わりやすいでしょう。発表会でシートに記載したことだけではなく、口頭で説明した内容もWEBサイトに記載して、一般の人にも分かってもらえる内容にしましょう。ISOやHACCPを取得しているのであれば、その取得段階で苦労したことや、意外な管理点など、一般のユーザーはISOやHACCPの言葉だけ知っていて詳しくは何をどう管理しているのか知らないので、詳しく公開すると良いでしょう。

製造現場以外でも行われている改善活動も、ユーザーに公開すれば、企業としてどれだけ真剣に良い商品やサービスをお届けしようしとしているかが伝わるコンテンツになります。このような情報が当たり前になれば、そのような情報を出せない企業は、商品やサービスの改善に真剣に取り組んでいないと言う事を表明しているような事になり、ユーザーから支持されなくなります。このような情報が当たり前に公開されるようになれば、ユーザーに対して真摯な態度で取り組んでいない企業は駆逐されて行くので、真面目に取り組んでいる企業にとっては望むところです

今は、品質に関するコンテンツを公開している企業は少ないので、ユーザーにとっての比較対象がありません。しかし、コンテンツが増えてくると、比較が可能になって来ます。公開する企業がどんどん増えて来ると、公開している企業の中でより良いコンテンツを公開している企業から商品を購入するようになります。これまでは、内部でどれだけ管理や改善を行っても社外に情報として公開することはありませんでした。しかし、これからは情報を全く公開していない企業の商品は次第に売れなくなって来ます。このようにコンテンツを制作できる企業が生き残ってゆくネット社会が形成されれば、品質管理に真面目に取り組んでいる企業が情報を公開し、その情報によって商品の購買が進むようになり、真面目に取り組んでいる企業が報われる状態になって行くので、とても良い状態になります。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください