原材料表示では品質が判断できません

原材料表示の詳しい意味は素人には分かりません

原材料表示に記載されない品質

食品表示(しょくひんひょうじ)とは、食品の安全性の確保や取引の公正、人々の栄養の改善・健康の増進等を図る目的で、食品に表示される事項。

原材料表示は国が決めている表示方法で、国の定め通りに表示されていれば問題はありません。例えば、お米の原材料表示には、産地や単一原料米か複合原料米かや品種が掲載されていますが、お米には等級があります。等級には、一等、二等、三等、規格外がありますが、等級は原材料表示には記載されていません。お米の等級は米粒の整った形の割合や虫食い、透明感を検査して判定します。等級検査の結果は食味・食感等に関係します。

また、食味ランキングもありますが、これはその米そのものを評価したものでは無いので、表示しても、「商品そのものの評価ではありません」と注釈が必要かも知れません。ただ、その産地のその銘柄が特Aの場合は表示があっても良いように思います。

お米の場合は、原材料表示に等級も食味ランキングも表示義務は無く、銘柄と産地だけがお米を購入する基準になってしまいます。つまり原材料表示だけでは、美味しいお米なのかどうなのかを判断できないのです。

原材料

品質についてユーザーに明確に伝える

原材料表示では分からない商品の品質について、ユーザーに明確に伝える必要があります。原材料表示はカタログに記載されているスペックと同じで、品質を明確に伝えることは出来ません。有機肥料で育てたお米でも、原材料表示には記載されません。

商品カタログや原材料表示では伝えきれない品質についての情報や、品質を決定付ける製造段階のプロの技などを伝えることが出来れば、ユーザーはそのホームページに対して大きな信頼を寄せるようになります。

ユーザーは商品を買い求める時に、その商品が自分の求めている品質であるかどうかを知りたいと思っています。自分がイメージしている品質よりも低品質でも無く、過剰品質でも無い、ドンピシャの商品を買いたいと思っています。

原材料表示では分からない商品の品質について、プロとして専門家の立場からユーザーに伝える情報は、ユーザーにとって嬉しい情報です。同じ銘柄なのに何故価格が違うのかなど、ユーザーの素朴な疑問に回答できる情報は、良質なコンテンツです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください