地域とのかかわりもコンテンツです

地域の産業、文化、スポーツ、伝統行事への貢献

企業として、いつもお世話になっている地元は企業の風土を作り上げる上では切っても切れない関係にあります。その地域で仕事をさせていただいている以上、利益を上げて税金を納めることは当然の義務ですが、その地域やその地域の人々や産業に対して、維持発展の手助けになるような貢献をしていることも十分なコンテンツです。自分の企業だけでなく、地域の発展にも貢献しようとする態度は必ずファンを作ることになります。

地域の産業の発展に貢献することもコンテンツです

例えば、ものづくりの技術が集積していて高品質な商品を生産している地域なのに、販路が無いために売り上げが伸び悩み、大きな利益を上げていない地場の産業の強味や高い技術を全国に発信して、売上げや利益を上げるために、行政と協力して、中心的存在としてインターネットの勉強会を開催するようになり、勉強会参加企業から、大きな成功事例が出てきたとなれば、その企業の地域に対する貢献はとても大きなものとなります。また、その成功事例から学び次々と成功事例が出てくるかも知れません。一つ成功事例ができれば、他の企業も同じような手法で成功が得られるかも知れません。0に何を掛けても0ですが、成功事例の1が出来れば掛け算が成立します。掛け算が成立するようになるとその地域は飛躍的な改善に繋がる可能性が生まれます。地域に勝ちパターンが理解されて定着すれば、地域に大きな価値を提供したことになります。さらに、ご当地ラーメンなどご当地食材を全国の食のイベントなどで提供して、ご当地食材が全国に知れ渡るようになれば、全国から食材の注文が寄せられるようにもなります。これも先行事例となり、後に続く企業の参考になり、次々と成功事例が出てくるかも知れません。地域の食文化を知らしめるような活動も地域への誘客に繋がる活動です。観光客は観光地を訪れることと同時にご当地グルメを楽しみに旅行をします。ご当地グルメは観光の大きな資源でもありますので、ご当地グルメを全国に知らせるような取り組みは地域に大きな誘客に繋がる可能性があります。このように、地域に利益をもたらす活動は、自社の利益だけにとどまらずに、地域全体に波及する貢献になりますので、そのような心理的な背景なども含めて公開すると、良質なWEBコンテンツとなります

地域

地域の祭りや文化・スポーツなどに貢献すること

また、祭りや伝統行事の維持、スポーツや文化の振興に取り組む企業もあるでしょう。少子高齢化の影響で、地域の祭りや伝統行事にたずさわる若者が減少していて、存続の危機に直面している行事も多くあります、そのような行事を維持するための取り組みはとても大切なことです。伝統行事が一度途切れてしまうと、復活させるのはとても大変で、過去に行事をしていた人に記憶をたどりながら教えてもらい、参加する全ての人たちに伝えるのは、相当なエネルギーが必要です。さらに地域に根ざしたプロスポーツチームを支援したり、アマチュアオーケストラを支援したり、いろんなことが出来ます。ニート・フリーターの就業支援もあるでしょう。交通安全、消防・防災活動もありです。企業の地域貢献はいろんな分野に渡って行うことが出来ます。企業が存在している地域が人口動態が安定していて、行政も健全な財政で運営されていることが、企業活動の基礎です。その基礎を安定させるためにも、地域とかかわりを持つことはとても重要なことです。地域に根ざして、地域に愛される企業になることは、その地域に存在する上でとても大切なことです。企業が地域の発展を全く考えず、自分のことだけ考えていては地域から愛される企業にはなりません。また、自社の都合しか考えていない企業に勤めている社員は、その地域で肩身の狭い思いをすることになり、社員の採用にも困ることになります。まず、地元の人たちが応援してくれない企業の商品をインターネットで全国に売ろうと言うのが無理な話しです。地域で愛される企業の商品であることが、全国へ向けて発信する原点です。

地域の人々や企業の抱えている問題は何で、その問題を解決する手段としてどんな方法を考え、どのような行動を起こしたのか。それを実行に移す際の障害や逆にどんな協力者が現れたのか。

実際にに貢献活動を行ったことで、地域や参加者がどんなふうに喜んでくれて、地域にどんな変化をもたらすことが出来たのか。地域貢献活動には物語りがあります。企業が自らの発展だけでは無く、地域の活性化にも取り組む姿は地域に住む人々から支持されることでしょう。このような情報は企業の経営姿勢をユーザーに伝える良質なWEBコンテンツとなり、その内容を読んだ人から信頼を得ることが出来ます。

ユーザーは同じ商品を買うのなら、少しでも共感できたり、好感を持っている企業から買いたいと思っています。コンテンツを読んだからと言ってすぐに購買につながるとは必ずしも言えませんが、ユーザーの記憶に残るような良質なWEBコンテンツであれば、その商品を買う時には必ず自社の商品を買い求めていただけると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください