店舗やホームページのリニューアルもコンテンツに出来ます

ユーザーにとってより良い店舗やサイトのリニューアルはコンテンツです

実店舗のリニューアルやホームページのリニューアルなど、売上増を目指して試行錯誤したことや、重点的に改善しようとしたことを克明に公開することは、多くの人にとって学びとなる可能性がありますので、良質なWEBコンテンツになりうる情報です。店舗やホームページのリニューアルの情報は一般ユーザーよりも、店舗やサイトを運営している人にとって有益な情報で、良質なコンテンツとして意味を持つのは、ごく少数かもしれませんが、その人たちも問題を抱えていると思いますので、リニューアルに関わる情報は有益です。また、サイトを運営していない人でも「なるほど!」と思う情報がありますので、一般の人たちにも必ず学びになります。

リニューアル

リニューアルに際して何をどう改善したかがコンテンツです

リニューアルする場合に、改善項目としては、来店客数(リピート率を含む)を増やすか、コンバージョンを上げるか、客単価を上げるかですが、そのうち現状どの数値に問題がると判断したのか、判断の根拠になったデータがあればそのデータも公開すると良いでしょう。リアルな数字まで公開する必要はありませんが、グラフなどで傾向が分かるような情報を公開できれば十分です。その数値をどのように改善しようとして対策を立案したのか、例えばホームページであればSEOのターゲットとなるキーワードはどうやって選定したのか、ページによってキーワードは複数あると思いますので、それぞれのキーワードについての説明があると良いと思います。また、リピート率を上げるためのサービスや特典、コンテンツの充実、その他工夫したこと。特にコンテンツの充実はその企業のファンを作る重要な要素なので、特に重点を置いて欲しい部分です。コンテンツはコンバージョンの即効性はありませんが、良質なコンテンツがあるとユーザーが判断すれば、定期的にコンテンツを求めてアクセスしてくれます。そして、いくつものコンテンツを読んで、その企業の取り組みやユーザーを大切にしている姿勢などに共感してファンになってもらえたり、コンテンツをSNSで拡散してもらえる可能性があります。そうなるとページビューを増やす目標はかなり早く達成できます。また、競合他社と比較した時の自社の強みと弱み。強みは品質やサービスなのか、対応の速さなのか、価格なのか。強みをさらに強化する策。競合他社との明確な違いについて、ユーザーに一番訴えたかったことは何なのか、それをどのように表現したか、他社と差別化できる部分を明確に表現していないと、検索してホームページを訪れてもどこも同じような商品とサービスで、何が違うのかどのショップを選べば良いのか全く分からないことが多くあります。コンバージョンの実態から考えられる問題点。商品に競争優位があるのに、コンバージョンが低いとすれば、それは商品の良さが明確にユーザーに伝わっていないと言うことです。どれだけ優れた商品を扱っていても、その良さをユーザーに伝えることが出来なければ商品は売れません。商品の良さを的確に伝える工夫はとても重要です。キャッチコピーや商品の良さをページのどこにどのように表現したのか。コンバージョンを上げるために具体的に実施したこと。客単価を上げるために具体的に実施したこと。それぞれ実施したことの効果はどうだったのか。ページビューやコンバージョンなど、実数は掲載しなくても良いですが、リニューアル前と後を比較できるグラフなどを掲載すると良いでしょう。ホームページは企業目線でユーザーに商品を押し付けていることが多く、リニューアルはこれまでのホームページをユーザー目線で見直す大きなチャンスです。ユーザー目線で自社のホームページを見直した時に気付くことも多くあると思います。ユーザーの立場に立った使いやすさや他店との違いのアピールなど、ユーザー目線のリニューアルが出来れば出来る程、その過程はコンテンツとしては充実したものになります。

リニューアルに関しては、社内での検討や、ホームページ制作会社との打ち合わせなどでも、いろんなことが議論になると思います。技術的な情報もそうですが、リニューアル前のサイトをユーザー目線で見て、何を感じたかなど、内面の事が重要かと思います。オープンに至るまでのいろんな葛藤なども含めて公開して下さい。また、サイトのリニューアルが社内のリソースでは対応できないこともあると思います。どうしても制作会社に依頼する場合は、その会社のホームページに豊富なコンテンツが掲載されているか、さらにtitleのキーワードで検索上位に表示されているかを確認しましょう。コンテンツが掲載されていない制作会社に依頼しても、コンテンツの重要性を理解していない会社にコンテンツを作りこ込むことは出来ません。また、titleのキーワードで上位に表示されていない制作会社は、請け負ったホームページでも検索上位はできないので、アクセス数の改善は見込めません。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

こんなホームページ制作会社に依頼すると集客できません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください