カタログ上のスペックでは分からないことはコンテンツにしましょう

カタログに掲載されているのはコマーシャルでコンテンツは明らかに不足です

カタログに掲載されているスペックで商品のだいたいの性能を理解できる商品もあれば、スペックだけでは全く分からない商品があります。

パソコンなどは、商品のスペックでだいたいの性能は見当が付きますので、WEBページにはスペックを掲載すればユーザーもある程度の判断はできます。家電品もスペックでだいたいの性能は理解できます。また、パソコンや家電品は商品のブランドに対する信用度も高いので、自分が信じるブランドの商品を買えば外れはそんなにありません。逆に繊維製品は品質表示は綿○%、ポリエステル○%と言う表示と、洗濯表示しかありません。また、Tシャツなどは30/1天竺、40/2天竺などの表示があってもどんな厚みの生地なのか、一般の人には全く分かりません。また、繊維製品は高級ブランドや知名度が高いブランドもあれば、全く知らないブランドもたくさんあり、無名のブランドの商品の品質については、情報が商品写真だけだと、購入しても良いのかどうかとても迷います。デザインがどれだけ良くても、実際に商品が届いて、その質感や縫製がとても悪いものだったりすれば、そのショップからは二度と商品を買わなくなってしまうでしょう。このような、購入してから後悔するのを防ぐための情報はどれだけ公開してもユーザーからクレームが来ることは無いでしょう。

カタログ

Tシャツの生地がどの程度透けるかはユーザーが知りたいコンテンツです

WEBサイトで販売されているTシャツは手にとって見ることができないので、30/1天竺などと言われてもどの程度薄いのか厚いのか、見当も付きません。ユーザーにとってはどれだけ値段が安くても、ペラペラの薄い生地で下着が透けて見えるようなTシャツはイヤだと思っていますがWEBサイトには生地がどの程度薄いのか、あるいは厚いのか判断できる情報はほとんどありません。

Tシャツの生地がどの程度透けるのかは、購入後に分かっても遅いので、購入前にコンテンツとして情報を伝えるようにしましょう。商品を購入してしまってから、「こんなTシャツ着れない」となるのを避けることは、ユーザーの問題を事前に解決できる良質なWEBコンテンツです。

Tシャツや繊維製品以外にもカタログのスペックでは品質の判断が出来ない商品はたくさんあると思います。ユーザーに、より商品を理解してもらって、購入後に「失敗した!」と言う経験をしないような情報を掲載するのはとても重要です。

また、オリジナルTシャツを受注するサイトでプリントの種類についての説明で「シルクスクリーンプリント」や「転写プリント」「インクジェットプリントプリント」「昇華転写プリント」などの選択肢がありますが、それぞれどんなプリントでどんな出来栄えになるのかもあまり説明がありません。プリントの色乗りの感じなどを伝える重要な情報になるはずの画像が小さく、どんな仕上がりになるのか分かりません。また、プリント面のゴワゴワ感や発色の違いなどについても詳細な説明が無いと、商品が届いてから「がっかり」することも有り得ます。プリントの選択肢について、ユーザーが判断できる情報はとても重要です。

また、商品自体の説明が十分にされていても、オプションについての説明が十分でないこともあります。オプションの選択になるとユーザーも面倒になって、つい「無し」を選択してしまいがちですが、重要なオプションをしっかりと選択してもらえるように、重要なものは重要とはっきりと伝えるようにしましょう。オプションも含めて商品なので、オプションについても、ユーザーが確実に判断できる情報を掲載しましょう。

WEBショップの場合、リアルの店舗のように実際の商品を触って、操作感を体験することも、商品の質感を感じることもできません。実際に商品を手に取ることができるリアルショップであれば、商品カタログ程度の情報でも大丈夫ですが、商品に触れることが出来ないWEBショップでは、商品について、もっともっと具体的な説明が必要です。普段から商品を取り扱っている人には当たり前のことでも、商品に触れたことの無い人にとっては情報が無ければ分からないので、運営者としては当たり前の情報も公開する必要があります。

商品について、全く知識の無いユーザーが、商品に実際に触れること無く、自社の商品のカタログに掲載されているスペックや商品説明だけでユーザーの疑問や悩みを解消できるのか、自問してみて下さい。多くの場合情報は不足しています。特にブランドの認知が低い場合は情報不足は致命的になります。自分では情報過多だと思うくらいの情報を掲載してもユーザーの疑問を完全に解消することは出来ないと思います。ユーザーの不安や悩みを完全に払拭できるコンテンツを掲載するようにしましょう。「こんなことまで掲載するの?」と思うくらいの情報を掲載して、はじめて商品知識の無いユーザーに納得してもらえるコンテンツになると思います。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください