「手間を掛けています」は業界では常識でも一般の人には分かりません

手間を掛けていますは、具体的にどんな手間なのか、それが商品にどんな影響を与えるのかを公開しないとユーザーは分かりません

手間を掛けていますと言うのは、業界では当たり前でも一般の人には、その手間が品質にどのように影響するのか分かりません。業界では当たり前のことでも、一般の人たちに伝わるように解説しないとWEBコンテンツとして伝わらないのです。手間を掛けています、こだわって作っていますは、高品質ですと同様で何の意味もありません

手間を掛けているのであれば、具体的にどんな手間なのかを伝えないと、一般のユーザーには本当に手間を掛けているとは実感できません。

手間を掛けています、こだわっています、高品質ですと言うのは相対的なもので、基準がどこにあるのかによって全く違って来ます。このような言葉は具体的にどんな手順を踏んでいるのかをユーザーに伝えないと納得できる情報にはなりません。

手間を掛けていますと言うのは、一般的な商品よりも、品質を良くするために工程数を増やしていると言う事です。この場合、通常の工程の流れと、手間を掛けている工程の流れの比較と、その工程を増やすことによって、商品がどのように良くなるのかを公開します。手間を掛けると言う事は、商品の価格も高くなりますが、高くなってもその価格に見合う品質を提供できることをユーザーに納得してもらえれば、購入に繋がります。

また、手間を掛けることによって製品の品質が具体的にどう変化するのか、従来の方法に比べてどう良くなるのか、詳細に公開する必要があります。インターネットでは、実際に商品を触ったり操作したりすることが出来ないので、質感などは、テキストと画像や動画で可能な限り伝えるしかないのです。

企業側は商品を知っているので、公開している情報で十分だと思っていますが、商品のことを知らないユーザーはコンテンツを読んでも疑問だらけなのです。コンテンツを商品のことを全く知らない人に読んでもらって理解できるか聞いてみると良いでしょう。そうすると説明不足の部分をたくさん指摘してもらえると思います。

こだわっていますはさらに曖昧な言葉です

さらに、こだわっていますは抽象的な表現で、実際にはこだわっていなくても「こだわっています」と書けてしまうので、とてもたちの悪い言葉です。通常「○○には特にこだわっています」と書かれますが、○○のどんなところにこだわっているのか、どうなっていれば良くて、どうなっていると悪いのかの判断基準が明確に示されないと、ユーザーには信用されません。こだわりは売り手側の主観で決まる言葉で、客観的に見れば雲泥の差があっても、こだわっていますと書けばこだわっていることになってしまいます。なので、こだわっていますと言う言葉はユーザーにとっては全く意味の無い言葉です。

こだわっていますも手間を掛けていますと同様に、普通と思われる判断基準とこだわっている判断基準の違いを具体的に明確にユーザーに伝えないといけません。こだわっていることが具体的にどんなことで、商品にどんな影響を与えているのか、それがユーザーにとってどんなメリットがあるのかが明確に伝わらないとWEBコンテンツにはなりません

こだわっていると言うのは、原材料を厳選して、普通と違う品質のものを使うか、製法が通常とは違う方法で行われているかのはずですから、その違う部分をユーザーに伝えないとユーザーが抱えている課題や問題を解決できる情報にはならないのです。コマーシャルのように望んでもいないのに一方的に送りつけられ、時間や文字数に制限がある場合は「こだわっています」だけでもある程度は許されたのですが、WEBサイトのようにWEBコンテンツの掲載に制限が無くなり、ユーザーが情報を求めて検索している情報には、こだわっていますではあまりにも情報としては少ないのです。

高品質ですも基準が示されなければ意味はありません

高品質ですという言葉もWEBサイトでは当たり前のように使われる言葉ですが、この言葉も高品質の判断基準を明確に示さないと、全く意味の無い言葉になってしまいます。ユーザーも高品質と言う言葉だけでは、ほとんど意識はされず、記憶に残るようなことはありません。品質基準は生産者によってバラバラで、それぞれの基準で市場に商品を投入していると言うことは、その市場に投入した商品の品質は良いと判断していると言うことです。全ての製造業者が自社の商品を高品質だと思っているのに、実際に市場にある商品の品質には大きな開きがあるのは、どう言うことでしょうか?それぞれの製造業者によって、との部位をどんな基準で良品と不良品の選別をしているのかを詳しく公開することで、初めて自社の品質についてユーザーに知ってもらうことが出来ます。その基準を公開して、高品質かとうかはユーザーが判断することです。そして、その品質基準と販売価格が釣り合うと考えれば購入することになります。良質なWEBコンテンツはユーザーに企業のありとあらゆることを公開して、知ってもらうことで、企業の商品やユーザーに対する姿勢を伝えることが出来、ファンになってもらえるものです。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める
  5. コンテンツがユーザーの判断基準になることは理想的なことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください