トラブルシューティングもコンテンツです

予想もしていないトラブルへの対処方法もコンテンツです

想定外の事態に対応する情報もコンテンツです

ある商品を使っていて、思いもしないトラブルに遭遇すると、一瞬パニックになり処置や解決策を必死に探します。見つけ出した情報が問題解決に繋がればユーザーとしてはとても嬉しいことで、問題解決のサイトを運営しているウェブマスターに感謝したい気持ちになります。このような問題の対処法などを記載するのもコンテンツになります。

通常、取り扱い説明書には、正常に使用することの説明が書かれており、通常想定されるメンテナンス程度の情報は書かれていますが、大きなトラブルについての説明や対処法についてはほとんど記載はありません。また、メーカーのWEBサイトのFAQなどにも大きなトラブルの対処法の記載はありません。しかし、トラブルが起こった時こそ情報が欲しいもので、緊急事態に回答してくれるサイトはユーザーにとってとても貴重な情報です。

商品の使用は、製造者や販売者が想定している以外での使われ方もあり、当然危険な使用方法などは、使用を避けるように注意喚起がなされています。メーカーとしては、製造物責任となるような問題を回避するために、危険な使い方については必ず注意喚起するようにしています。これは製造物責任法の施行によって表示されるようになったものです。しかし、危険性はありませんが、想定外の使用をすることもあります。また、通常の使用の範囲や不可抗力で起こるトラブルもあります。例えば、パソンコンのキーボードにコーヒーをこぼした、パソコンやゲーム機の筐体が割れたとか、携帯電話を水没させたとか、外付けハードディスクを落下させた、カーペットや畳に醤油やソースをこぼしたや、ドライヤーの吸い込み口から髪の毛を巻き込んだなどです。スマホのバッテリーから発火したと言うようなことなら諦めますが、致命的なトラブルで無ければ、修復しようと試みます。このようなトラブルに遭遇すると、当人は冷や汗をかきながら、情報を探します。ピッタリの情報に巡り合い、対処法が書かれているとホッとします。対処法によって最悪の事態を回避できれば、その情報を公開してくれているサイトに対して「よくぞこの情報を公開してくれた!」と感謝の気持ちと、信頼感を感じるようになります。そして、そのトラブルからの修復方法を公開してくれたサイトのことは長く記憶に残っているものです。ユーザーの記憶に残る情報を公開することは、長い時間をかけてファンになってもらえる可能性があり、いずれば商品を購入してもらえる可能性が高まります。

このようなトラブルの対処方法は説明書には書かれておらず、トラブルが起きればネットで検索して、対処方法を探すことになります。ユーザーはメーカー修理になる前に対処できることは対処して、そのまま使い続けたいと思うものです。ほぼ毎日使っているものがしばらくの間でも使えなくなるのは、それなりのストレスになりますので、出来れば避けたいと考えています。このような問題を抱えているユーザーの問題を解決できるのも、その商品を扱っているプロであれば、可能な場合があります。また、素人が公開している対処法よりも、実際に商品を取り扱っているプロの情報の方が信頼性が高いので、ユーザーからは重視されます

トラブルシューティング

想定外を想定するのは難しい

ただ、ユーザーがどんなトラブルを起こすかを想定するのは難しく、事前に想定して公開するのは難しいでしょう。しかし、その商品を取り扱っている企業では、トラブルに関する情報はそれなりに持っていると思います。これまでのユーザーから問い合わせを集めれば、ユーザーが遭遇するトラブルはかなりリストアップできると思います。過去の問い合わせから予想されるトラブルに対処する情報を公開したり、ネット上にあるトラブルを元に対応策を掲載すれば良いでしょう。トラブルの対処法は、まず行うべき処置と商品を元通りに復元する対応があります。最初に行う処置は特に急いで処置しないといけない可能性がありますので、訪問したサイトをゆっくり読んでいる時間はありません。そのような場合はユーザーに分かり易いように表示して、出来る限り速く情報にアクセスできるようにしましょう。元通りに復元する対応は落ち着いてからじっくり対応すれば良いのであれば、急ぐ処置とは見出しを分けて表示した方が良いと思います。

このようなトラブルの意外な解決法などを掲載できれば、商品を取り扱っている専門家としての豊富な知識をユーザーに伝えることが出来、ユーザーからの信頼を勝ち取ることができます。想定外の問題に遭遇する可能性はほぼ全ての人にあります。ユーザーが抱える問題を解決できる情報はとても有効なWEBコンテンツです。実生活でも緊急時に助けてくれた人のことは忘れないものです。WEBサイトでも緊急時に助けになる情報を掲載しているサイトのことは忘れません。必ずユーザーは再訪します。

  1. 良質なWEBコンテンツとはユーザーの質問に対する明快な回答です
  2. コンテンツマーケティングは売り込みしなくてもコンテンツで商品が売れる仕組みにすることです
  3. コンテンツSEOで検索エンジンからの流入を増やす
  4. 共起語を含んだコンテンツを作成してSEO効果を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください